ハワイ アパート探しの基礎知識

  •  Posted By Etsuko
  •  

ハワイ アパート探しの基礎知識

コンドミニアムよりも賃料が割安で、長期滞在者に人気のアパートメント。ハワイでアパートメントを借りるときに知っておきたい基礎知識をご紹介。

ハワイのアパートメント滞在は こんな方におすすめ!

  • 半年以上の長期滞在を予定している人
  • 部屋では一人でリラックスしたい人
  • できるだけリーズナブルに滞在したい人
  • ハワイで「暮らす」感覚を味わいたい人

敷金1ヵ月・礼金なしが基本

ハワイでアパートメントを借りる場合は、入居前に1ヵ月分の家賃の前払い家賃の1ヵ月分相当の敷金(セキュリティーデポジット)が必要です。セキュリティーデポジットは、退出時に部屋の修繕費などを差し引いて返金されます。ちなみに、日本で部屋を借りるときに支払う礼金は、ハワイでは不要です。

入居前に必要な支払い

  • 前家賃
  • 敷金(セキュリティーデポジット)

※不動産屋を通す場合は、$100~家賃の1ヵ月分程度の手数料が別途発生することも。日本語対応の不動産屋は別途手数料が必要な場合が多くなりますが、英語の契約書を日本語で説明してくれるなど、メリットも多くあります。

長期契約になるほど家賃は安くなる

日本同様、オーナーは安定した収入が期待できる長期の契約を好むため、長期になるほど家賃は安くなるのが一般的です。契約期間の途中で退去する場合は、違約金がかかることもあるので、契約書にサインする前に確認しましょう。

支払いはチェック(小切手)が主流

家賃の支払いは通常チェックを大家さんに郵送します。チェックは現地の銀行で口座を開く際に発行してもらいましょう。

家具付きアパートメントも多い

現地のアパートメントには、家具や大型電気製品(テレビや冷蔵庫)が付いている Furnished(家具付き)物件も。少し高くはなりますが、1年程度の滞在であれば、結果的に家具付のアパートメントの方が経済的なこともあります。なお、アパートメントには、清掃などのサービスはありません。

アパートメントの探し方

1 オーナーと直接やり取り

お部屋の個人オーナーが不動産屋を通さず、コンドミニアムの掲示板などに空室情報を掲示していることがあります。掲示板は建物1 階の入り口横などに設置されていることが多いので、住みたいコンドミニアムが決まっているのであれば、まずはその辺りをチェック。最近ではインターネットでの入居者募集も増えています。

2 不動産屋に行く

ハワイにも不動産屋はたくさんあります。日本語を話すスタッフのいるところを探す場合は、日本語新聞の広告をチェック。日本語サービスについては別途手数料がかかるところが多いので、相談前に必ず確認しましょう。

3 新聞・インターネットで探す

現地の新聞の中でも、不動産についての情報が豊富なのが「Honolulu Star Advertiser」の日曜版。この新聞のウェブサイトは希望エリアのアパートメント価格の相場もわかり、おすすめです。

また、スクール内での他の生徒との情報交換も、アパートメント探しに役立ちます。良い部屋に滞在している友人が帰国する際には、お部屋のオーナーに「次は私がその部屋に住みたい」と直談判するのもOK。スクールによっては、掲示板に空き部屋の情報やルームメイト募集のお知らせが貼ってあることもあります。

アパートメントの長期契約は 現地へ行ってから!

実際の物件を見ず、日本出発前にインターネットで滞在先の長期契約をする人がいますが、これはおすすめできません。

よくあるのが「実際にハワイに行ってみたら、部屋が写真とは違っていた」というケース。また、部屋は希望通りでも、周りの環境が良くなかった、ということもよくあります。
途中解約は高い取消料がかかるから、結局泣き寝入り……そんなことにならないためにも、日本出発前には最初の2週間~4週間滞在するホームステイやホテル、コンドミニアムを予約し、アパートメントの長期契約は実際の物件を見てから行いましょう。アパートメントが見つかるまでの宿泊費は短期契約なので高くなりますが、途中で解約して高い取消料を払うことを考えれば安いものです。

1、2、7、8月はアパート契約の繁忙期

学校の新学期と重なる1 月、2月、7 月、8 月はアパートメントのニーズが高く、現地に着いてから空室を探すのは非常に困難です。アパートメント滞在をご希望の方は、出来ればこの時期の出発を避けるか、始めはホームステイやコンドミニアムに滞在し、時期をずらして部屋を探すことをおすすめします。
やむを得ず日本出発前にアパートメントの契約をする場合は、実際の部屋を見て気に入らなかったら引越しできるよう、最初はできるだけ短期の契約にとどめること。くれぐれも部屋も見ずに1 年間の長期契約などはしないように!

ワイキキの家賃は上昇傾向

2012 年以来、ワイキキの家賃は大きく上昇しています。2019年現在、スタジオルームの賃料相場は$1,700/月前後~。今後もさらに上昇することが予想されます。

ハワイのアパートメント に関連する記事

ハワイ留学カウンセラー募集中

Recommend - おススメ記事