いつ渡す? 金額の目安は? 知っておきたいスマートなチップ術

  •  Posted By Mako
  •  

いつ渡す? 金額の目安は? 知っておきたいスマートなチップ術

チップ=義務ではない ただし、支払いが「暗黙のルール」という場合も

ハワイへ行くと、多くの日本人の頭を悩ませるのがチップ。実はチップには「いつ」「いくら」支払うという明確なルールがなく、アメリカでも人により考え方が異なります。
チップは義務ではなく、いつ、いくら支払うかは、あくまでもその人次第なのです。んー、ますます難しくなってきました!

とは言っても、中にはチップを支払うことが「暗黙のルール」になっているケースもあ。例えば、滞在先の清掃係やレストランのウェイター、送迎ドライバーといった仕事では、チップをもらうことを前提に基本給が低く設定されているので、チップなしでは生活に必要な収入を得ることが出来ません。「チップを払わなかったら、嫌な顔をされた」という話も、そういった事情を聞けば納得です。

いつ、いくら支払う? チップ金額の目安

下記は、一般的なガイドブックなどに掲載されている場合以外で、チップの支払いが当たり前 とされるケースと支払額の目安です。

  • ピザなどのデリバリー ⇒ 代金の 15~20%
  • ヘアサロン、マッサージサロン、ネイルサロンなど ⇒ 施術料の 15~20%
  • バレット/バレーパーキング ⇒ 車を出庫してもらうごとに $2~5
  • 空港やレンタカーオフィス、送迎用シャトルバスのドライバー ⇒ 荷物1個につき $1

カフェの ”Tip Jar” は 小銭もOK!

オプショナルツアーに参加するとよく見かけるチップ用の缶や箱は Tip Jar と呼ばれ、ツアー終了間際になると、ガイドからやんわりチップの支払いを催促されることも。ここでのチップももちろん義務ではありませんが、アメリカ人の参加者の多くは「楽しい時間をすごさせてもらった」ことへの対価として、チップを支払うようです。
Tip Jar はファストフード店やコーヒーショップのレジなどでも見かけることがありますが、これも支払いはまったくの自由。通常、小銭でのチップの支払いは失礼にあたるとされますが、こういったお店での Tip Jar は、お釣りの小銭を入れてもOK です。

Valet Parking のチップ支払方法は?

駐車場には自分自身で運転して駐車する Self-parking( セルフパーキング) とメインエントランスなどで係員に鍵を預け車を出し入れしてもらうValetparking(バレットパーキング/バレーパーキング) があります。チップが必要なのは、このうち Valet parking のみ。金額はホテルやレストランのグレードに応じて、$ 2~5が相場です。いつチップを渡すかについてはアメリカ人の間でも意見が分かれるようですが、一般的には車を出庫するときだけでOK とされています。鍵を預けたときにもらう引き換え券を渡すと、係員がエントランスまで車を運転してくるので、車に乗り込む際にさり気なく渡すとスマートです。なお、Free Valet Parking の表示がある場合、駐車料金は無料になりますが、チップは支払うのが一般的です。

Recommend - おススメ記事