コミュニティカレッジ 卒業までの授業料 – ハワイ大学系列 2019/2020 –

  •  Posted By Yuki
  •  

コミュニティカレッジ 卒業までの授業料 – ハワイ大学系列 2019/2020 –

ハワイ大学系列のコミュニティカレッジ(2年制大学)は、全部で7校あります。

各島のハワイ大学系列 コミュニティーカレッジ
オアフ島 カピオラニコミュニティカレッジ( KCC )
ホノルルコミュニティカレッジ
リーワードコミュニティカレッジ
ウィンドワードコミュニティカレッジ
ハワイ島 ハワイコミュニティカレッジ( HawCC )
カウアイ島 カウアイコミュニティカレッジ( KauaiCC )
マウイ島 マウイコミュニティカレッジ

上記の内、当社が手配を行っているのが KCC、HawCC、KauaiCC の3校です。これらのコミュニティカレッジを卒業するまでに必要な授業料は、いったいどれくらいなのでしょうか?

1単位 あたりの授業料は共通

ハワイ大学系列のコミュニティカレッジの場合、いずれも1単位 あたりの授業料は共通です。

  料金
1単位 $345

英語集中プログラム(ESOL) の授業料

留学生は英語力に応じて ESOL、ESL といった「英語を母語としない国の生徒向け」の英語プログラムを受講します。

ESOL ( English for Speakers of Other Languages )とは

KCC 入学を目指す留学生向けの英語集中プログラム。ESOL の入り口にあたる ESOL 50/52 は、TOEFL 32、TOEIC 430、IELTS 4.0、英検準2級・2級のいずれかのスコアを持っている留学生が、受講可能。通常は1学期間で修了する。

ESOL 50/52 を1学期受講後は、プレイスメントテストを受け、 その 結果に応じて ESOL 92ESOL 94 に進みます(日本人学生の場合、 レベルが上の ESOL 94 に進むケースが多いようです)。

ESOL の授業料は、下記の通りです。

プログラム名 授業料
ESOL 50/52 (1学期分) $4,140
(1ドル110円の場合、45万5,400円)

ESOL 94 (7単位/1セメスター分)

$2,415
$345 × 7単位  (1ドル110円の場合、26万5,650円)

カレッジプログラムの授業料 リベラルアーツ専攻の場合

ESOL 92、ESOL 94 に進んでからは、ESOL の授業と平行してカレッジプログラム(正規の授業)も履修することが出来るようになります。

カレッジプログラムの授業料は、1単位分の $345×単位数 で計算できます。卒業に必要な単位数は専攻する学科により異なるので、今回は4年制大学進学を目指す留学生向けの「リベラルアーツ(一般教養)」を選択した場合を考えてみましょう。

リベラルアーツとは

4年制大学に3年生から編入するために必要な教養科目を学ぶ学科。編入後の専攻により、The Associate in Arts degree ( AA ) と The Associate in Science degree ( AS )  の2つに分かれます。

The Associate in Arts degree ( AA ): 4年制大学で芸術や経済学、言語学、ジャーナリズムなどを学びたい人向けの専攻
Associate in Science degree ( AS ): 4年制大学で会計学、コンピューターサイエンス、観光学などを学びたい人向けの専攻

AA、AS とも、卒業に必要なのは、最低60単位。2019秋学期、2020年春学期の授業料で計算すると、60単位分の授業料合計は、下記になります。

  授業料
リベラルアーツ (60単位分)
(1単位 $345 × 60 単位)
$20,700
 (1ドル110円の場合、227万7000円)

卒業までの授業料合計

ではここで、ESOL 50/52 から ESOL 94 に進み、リベラルアーツを専攻した場合の、合計費用をまとめてみます。

プログラム名 授業料
ESOL 50/52 (12単位/1学期分) $4,140
ESOL 94 (7単位/1学期分) $2,415
リベラルアーツ (60単位分)
(1単位 $345 × 60 単位)
$20,700
合計 $27,255
(1ドル110円の場合、299万8,050円)

 

上記に加えて、教材費(2年で約$2,000)、アクティビティー費(2年で約$300)などがかかるので、2年間の通学必要な学校関連の費用は、合計で約$30,000(1ドル110円の場合、330万円)となります

一度目の履修では単位を取れず、同じ科目を再度受講する場合もあること、60単位を履修するのに2年以上かかるケースもあることを考えると、

カレッジプログラムから入学できる英語上級者( TOEFL 61 以上、TOEIC 650 以上、IELTS 5.5 以上、英検2級 A 以上)を除き、上記の授業料はリベラルアーツを専攻する留学生にとって最低限必要な金額と言えるでしょう。

ESOL の単位は 卒業単位として認められない

リベラルアーツの修了に必要な60単位には、ESOL 50/52 や ESOL 94 の単位は含まれません。

つまり、ESOL から入学した留学生は、「ESOL の単位」とは別に、「自分の専攻に必要な単位(リベラルアーツの場合は最低60単位)」を取得する必要がある、ということです。

なお、学生ビザを保有している留学生は、ビザの効力を維持するために 1学期で最低12単位 を履修しなければなりません。ESOL の単位は卒業に必要な単位としては認められませんが、ビザの効力を維持するための単位としては認められます。例えば、ESOL 94 は7単位なので、留学生がビザの効力を維持するためには、カレッジプログラムの授業を5単位以上受講し、合計12単位以上を履修する必要があります。

<参考>その他、授業料以外にかかる費用

金額が定められている授業料と違い、滞在費や生活費は人によりかなり差があります。ここでは「ごく一般的な留学生が、ちょっと節約しながら暮らした場合」を想定して、授業料以外にかかる費用も計算してみました。

  2年間にかかる費用
滞在費(ルームシェアの場合) $20,400 – $22,800 / 2年
$850-950/月
(1ドル110円の場合、224万4000円-250万8000円)
食費・生活費・光熱費・交通費など $19,200 / 2年
$800/月
(1ドル110円の場合、211万2000円)
海外旅行傷害保険 約45万円~ / 2年
(日本で加入した場合)
合計 $39,600 – $42,000 + 45万円
(1ドル110円の場合、480万6000円-507万円)

 

学費と合計すると、2年間で800万円前後 となります。

キャンパス内ならばアルバイトもできる!

KCC (Kapi’olani Community College) の場合、大学が認めれば週20時間までキャンパス内に限り、アルバイトをすることが可能です。平均給与は 時給$9.50 程度ですので、ランチ代や毎月の携帯電話代をカバーできる程度の収入は得ることができます。

番外編)1年間で修了できるコースならば 費用も半分

ちなみに KCC (Kapi’olani Community College) には、短期間で実用的な知識や技術だけを身に付ける Certificates of Achievement (C.A.) というコースもあり、その場合は修了に必要な単位数も30単位~と、ぐっと少なくなります。30単位ならば1年間で履修することも可能なので、その分滞在費や生活費も半分に。C.A. 修了後は、職業訓練制度/ OPT を利用してハワイで1年間働き(有給)、その後 KCC に復学することも可能です。

イーストマンハワイで手配可能なコミュニティーカレッジ

 

ハワイ大学系列のコミュニティカレッジに関連する記事

Recommend - おススメ記事