Taxi でマノアフォールトレッキング

  •  Posted By Aki
  •  2018年10月08日

Taxi でマノアフォールトレッキング

以前、旅行でハワイへいったときのことです。「今回の旅では、マノアフォールへトレッキングに行くぞ!」と計画していた私は、到着後、早速ホテルのコンシェルジュに相談しました。ご存知の方も多いと思いますが、マノアフォールの“フォール”というのは、「滝」のこと。ワイキキから車で20~30分ほどのところにある渓谷を歩いていくと、ゴール地点に滝がある、という人気のトレッキングスポットで、『ジュラシックワールド』『LOST』など有名な映画、ドラマのロケ地としても知られています。

コンシェルジュではとても親切な女性が対応してくれました。トレイル用の地図をコピーして、3日後の出発を計画した……ところまではよかったのですが、ここで事件が。なんと、頼みの綱の交通手段であるThe Bus(ハワイの公共のバス) がストを行っていたのです。

以前乗車したチャーリータクシーの運転手さんを思い出す

旅行会社が運営しているトロリーは動いているので、アラモアナ近辺やワイケレショッピングセンターへは行かれたのですが、さて、マノアフォールまではどのように行けばよいのか。困り果てた私は、以前に利用したときに名刺をもらっていた「チャーリータクシー」のドライバーに電話をかけ、事情を説明しました。すると、「タクシーでマノアフォールへ連れて行って、帰りも迎えに行ってあげるよ」とのこと。なんて親切な!!

コンシェルジュの女性から言われた、「マノアのトレッキング泥だらけになるから気を付けて!」という言葉を思い出し、タクシーに乗る前には、敷物がわりになるタオルも準備。体に付いた泥でタクシーを汚してしまっては、大変ですからね。

トレッキング 約1時間半

トレイル途中の写真。頂上からの景色はぜひご自身でいらしてみてください。

トレイル途中の写真。頂上からの景色はぜひご自身でいらしてみてください。

トレッキングは、熱帯雨林の後に竹林の道が続く約1時間半ほどの行程で、とても心地よいものでした。タンクトップにビーチサンダルの人もちらほらいましたが、日本の方にはトレッキングシューズと長袖・長ズボン、虫よけをお勧めします。

頂上らしきところから見渡す景色は素晴らしく、そこで食べたスパムおにぎりの美味しかったこと!

さて、約束の時間になり、山を降りてくると、運転手さんが大きな水のボトルと預けたタオルをもって待っていてくれました。お水はなんと差し入れです。トレッキング後はかなり疲れていましたし、今にして思えば、タクシーでの往復は大正解。The Bus がストをしていたおかげで、かえって素晴らしい経験をすることができました。ハワイと言えばやはり「海」ですが、お時間があれば是非、巨大シダ植物の林や竹林のトレッキングも、楽しんでみてください。

Recommend - おススメ記事