ハワイ おすすめ テーマパーク「Wet’n’Wild Hawaii」で弾ける!

  •  Posted By Etsuko
  •  2018年10月01日

ハワイ おすすめ テーマパーク「Wet’n’Wild Hawaii」で弾ける!

数々の美しいビーチが人気のハワイですが、時には気分を変えて、こんなプールで思い切り遊んでみませんか?オアフの西エリア、カポレイにある「Wet’n’Wild Hawaii(ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ)」は、さまざまなプールやスライダーが楽しめるテーマパーク。お子様はもちろん、ティーンエイジャーや大人も丸1日楽しめる、ロコからも大人気のスポットです。

東京ドーム3個分の敷地 日本にはないスリリングなアトラクションやスライダーが15個も!

ハワイに行ってまでプール?と思われる方もいるでしょう。そんな方も、一度ウェット・アンド・ワイルド・ハワイを訪れてみて下さい。東京ドーム3個分という広大な敷地にアトラクションやスライダーがなんと15個! 日本のウォーターパークとのスケールの違いに驚くことでしょう。

ケタ違いなのは広さだけではありません。ここは世界一大きなハーフパイプ(冬季オリンピックのスノボでよく見るあれ、です)をスライダーで滑り降りる“Shaka”や、マットレスにうつぶせになり、急勾配を頭から滑り降りる“Volcano Express”、4人乗りのゴムボートで巨大な筒の中を蛇行しながら進む“Tornado”など、アトラクションのスリルもケタ違い! 絶叫マシーン好きの方ならば、気に入ること間違いなしです。肌で直接風を感じながら滑り降りるスライダーって、服を着て乗るジェットコースターとはまた違ったスリルがあるんですよね。とにかくスピードが出るので、気になる方はラッシュガードや短パンタイプのボードショーツ着用しましょう。

各アトラクションにライフガードがいます

各アトラクションにライフガードがいます

お子様向けのエリアも充実していますよ。

お子様向けのエリアも充実

中央にはロッカーカウンターや浮き輪レンタルも

中央にはロッカーカウンターや浮き輪レンタルも

もちろん、絶叫系だけではなく、流れるプールを浮き輪に乗ってのんびり進む癒し系アトラクションもあるので、ご安心下さい。

ちなみに、パークの入り口にはこんなウォールアートが……

素人目にも、ビキニの形が不自然だということは分かります(笑)

素人目にも、ビキニの形が不自然だということは分かります(笑)

この顔は描きかけなのか完成型なのか……

この顔は描きかけなのか完成型なのか……

このなんとも言えないユルさが、まさにハワイ!だと思いませんか?

ザ・バス(The Bus)だと時間がかかるので ツアーやレンタカー利用がおすすめ

ウェット・アンド・ワイルドへ行く際は、レンタカーや現地旅行会社などが主催しているツアーの利用が便利。公共のバスでも行くことができますが、乗り換えも含めて最低1時間半はかかってしまいます。たっぷり水遊びをした後は思いのほか疲れるものなので、個人的には運転の心配がないツアーのご利用をおすすめします。

 

Recommend - おススメ記事