妄想ハワイ 2泊4日【B級グルメ満喫の旅】 

  •  Posted By Etsuko
  •  

妄想ハワイ 2泊4日【B級グルメ満喫の旅】 

ハワイに行かれないなら、妄想で行ってしまえ! 

イーストマンハワイのスタッフが考えた妄想ハワイブログ。

大好きなビーチと美味しい食べ物。もちろんお買い物も。楽しいことを詰め込んだ 妄想の 2泊4日。
ハワイにはヘルシーフード、オーガニックフードと呼ばれる食べ物もたくさんあるけれど、私は生粋のジャンクフード好きなので、B級と呼ばれる食も満喫できる 妄想ハワイ旅スタート!

<出発>ハワイアン航空搭乗

さっそく空港へ到着。スーツケースのキャスター音やフライト情報の掲示板のあのチャイムを妄想したたけで、ちょっとわくわくしてしまいます。(昔の”パタパタ”音する掲示板も良かった)実際は、わくわくしすぎると機内で眠れなくなるので、ここは少し抑え気味に。

ハワイへは、ハワイアン航空で出発することにします。フライトの日程は6月としました。4月以降は、雨季が終わり、花々がたくさん咲いてとても過ごしやすい季節なので、個人的には好きなシーズン。

6/2(火)HA822便
19:55 成田空港発
6/2(火) 
8:25 ホノルル空港着
6/4(木)HA821便 
12:25 ホノルル空港発
6/5(金) 
16:00 成田空港着

 

機内食も旅の楽しみですよね。ロコモコとグァバジュースでお腹も満たされました。ハワイアンミュージックをセレクトして、早々に眠りにつきたいと思います。機内はほぼ寝て過ごすため、現地に着いてから時差ボケもなく、滞在を満喫できちゃいます。はい、ここでもわくわくは少し抑えめです。

【1日目】レンタカーでノースショアへ

ホノルル到着後。空港に着いて、あの暖かい気候と独特の香りがするとハワイだな~と感じます。五感をフルに使って楽しまねば。まずは、レンタカーでワイキキに向かいます。外の空気が気持ち良い!

宿泊先は、2018年に大改装された『Queen Kapiolani Hotel』に決定。ワイキキ中心から少し離れているものの、海も近くお部屋からダイヤモンドヘッドが見える場所なので、泊まってみたいと思っていました。お部屋タイプはオーシャンビューとします。

ワイキキから車で約40~50分のノースショアへ

長閑な景色を眺めながらのドライブもノースの楽しみ方のひとつです。

ホテルで荷物を預けたら、早速出発。

Leonard’sでマラサダを調達し、目指すはワイキキから車で約40~50分のノースショア。マラサダもハワイの空気の中で食べると何倍も美味しく感じます。

かわいいマラサダベビーは全部で3種類います

ハワイといえば、海ですが、その色は場所によって異なります。ノースは深いブルーグリーンで、ハワイの力強さを感じます。ここらでしばし、のんびりとハワイの風を感じましょう。海に入ったり、ヤシの木の音を聞くと、全身が浄化される気がしてしまうのは私だけではないはず。

カメが甲羅干しにやって来るところまで妄想してしまいます。

そろそろお腹が空いたのでハレイワ方面に少し移動して、少し遅めのランチとしましょう。

ランチは STORTO’s Deli & Sandwich Shoppe のサンドウィッチ

ランチは STORTO’s Deli & Sandwich Shoppe でボリューム満点のサンドウィッチ。ベースとなるサンドウィッチを決めたら、トッピングやソースを選びます。私のおすすめのソースはパパイヤ。なかなか日本では見かけませんが、あっさりしていて、ほんのりフルーティーでお肉や野菜とも相性が良いんです。

ハレイワには、お店がたくさんあるので、ショッピングもしたいと思います。GUAVA Shop、Mahina、Soha Living、Pualani、San Lorenzo などチェックしたいお店はたくさん。

旅先ではインテリアや洋服など、つい欲張りになってしまいますが、それもまた旅の楽しみなので良しとします!後から、なんでこれ買っちゃった?!なんて物もありますが、この現象を『ハワイマジック』と呼んでいます。

ノースを満喫したら、仕上げに Waialua Bakery でスムージーを買って、アラモアナへ。

ここはスムージーも美味しいパン屋さんです

 

お一人様ディナーはアラモアナのフードコートで

マッシュポテトとグレービーソースが最高です

アラモアナでは、おみやげとディナーを。ディナーといっても一人なので、レストランでゆっくりとせず、アラモアナセンターのマカイマーケットにします。

ローカルフードを始め、たくさん種類が揃っていて、選んでいる時間も楽しいですよね。Lahaina Chicken Company にしました。ローストチキン、大好きなマッシュポテト、マカロニチーズをチョイス。こってりに見えますが、意外とどれも薄味なので、どこまでもいけちゃいいます。

アラモアナセンターのすぐそばにある Wal-Mart でハワイならではのおみやげやスナックを買い足し、1日目は終了。海外のコスメもスーパーだと安かったりするので、要チェック。見たい物をある程度決めておいても、あっという間に1、2時間過ぎてしまう海外のスーパー。実は最も真剣に集中している時間かも。

1日目はこんな感じでホテルに戻って、少しワイキキを散歩したら終了です。

【2日目】カイルアタウンとラニカイビーチ

ハワイの人たちは、朝がとても早い。朝の空気もとても気持ち良いので、逃すなんてもったいないですから、私も早朝のビーチ散歩へ。まだ海水も砂の少し冷たいですが、ダイヤモンドヘッドに朝陽が当たって綺麗な景色が見られます。 Island Vintage Coffee でアサイボウルを食べて、元気に2日目スタート!

東回りにカイルア、ラニカイ方面へ

2日目はカイルア、ラニカイ方面へ行きたいと思います。山側を通るのが近道ですが、東回りに海沿いを走ると、途中にラナイルックアウトやハロナ潮吹き岩展望台などスポットがあるので、気ままに立ち寄りながら行きたいと思います。ドライブ中は、ハワイアンミュージックをかければ完璧!

お昼前にカイルアに到着。ショッピングセンターに寄りたいお店もたくさんありますが、散策は後回しにして、ランチを調達します。 B級ローカルグルメ、FATBOY’S をチョイス。サクサクの唐揚げが甘辛いガーリックソースにディップされていて最高です。メニューは英語ですが BENTO (弁当)と書いてあるだけあって、ごはんにはふりかけがかかっていたりします。ランチを持って、ラニカイビーチへ。

妄想旅行でも外せないラニカイビーチへ

このビーチは十数年前にホストマザーの勧めで知ったのがきっかけでした。海へと続く細い通路を抜けると、目の前に広がるあまりに綺麗な景色に思わず声を出してしまったのを覚えています。その後、家族と一緒に行った時、家族も全く同じリアクションをしていました。

ここは毎回行くので、妄想旅行でも外せません。

エメラルドグリーンとさらさらな砂が特徴のビーチです。ローカルの人たちも、読書や犬の散歩をしながら過ごしているのを見かけます。ここで昼寝ができるなんて、なんて贅沢な時間でしょう!

カイルアに戻り、Target や Whole Foods などをパトロール

とことんゆっくりしていたいのですが、弾丸ですので、ビーチでの滞在は3時まで。カイルアに戻り、Target や Whole Foods などパトロール開始。アパレルのお店は、エリアによって取り扱っている商品が異なることがあるので、 Mahina はここでもチェック。当社のスタッフもみんな好きなお店です。

さて、買い物も終え、ワイキキへ戻ります。たくさん歩いて小腹が減ったので、Taco bell に立ち寄りでブリトーを1つ。ここでは、日本にはないメニューをオーダー。いつか空港にも Taco bell が入らないかなぁとひそかに願っています。

見納めのサンセット

帰りは行きとは違う山側のルートでホテルへ。

6月は日の入りが19時頃ということで、サンセットに間に合うように、また外へ繰り出します。ハワイでは、よくサンセットの時間に合わせて行動してしまいます。あ、今日は雲は少ないから綺麗かなと、小走りで海まで行ったり。この旅では、サンセットを見る最後のチャンスなので、しっかりと拝みたいと思います。

太陽がぽとんと水平線に落ちた瞬間に見ていた人たちから、拍手が沸き起こったり、口笛を鳴らす人がいるのですが、そんなシーンもハワイだなと感じます。笑顔で1日を終えるっていいですよね。

最後のディナーは Teddy’s Bigger Burgers

最後のディナーは Teddy’s Bigger Burgers で。ここのバーガーは、なんと言っても自家製スペシャルソースが美味しいです。個人的には、もはやA級グルメです。

テディーズビガーバーガーは、オーナーであるテッドとリッチが自宅のバーベキューで作る、クオリティの高いハンバーガーを提供したいという思いからスタートし、1998年に1号店をオープンしたそうです。「ハワイズ・ベスト」ハンバーガー部門にて、ベストバーガー賞を何度も受賞しています。

美味しいディナーを食べた後は、ワイキキ散策をして、ノードストロームラックや Ross Dress、Sand People、(ここでも)Mahina をちょこっと見たりして、ホテルのラナイからハワイ最後の夜を満喫します。

夜の風も気持ち良いなぁとハワイを感じながら、「まだ帰りたくな~い」とあえてフライトの日付が間違っていないか確認していることでしょう。以前あったんです。帰国日を1日勘違いをしていたことが。翌日帰ると思っていたら、もう1泊あった時の喜びは大きかったです。

【3日目】最後まで食べ尽くす

早くも帰国日の朝が来ました。お昼のフライトまであまり時間がないので、最後の追い込み。

早朝はカピオラ二公園を散歩して、朝食は IHOP にします。ファミレスのようなレストランなので、一人でもかなり入りやすい。パンケーキとコーヒーをオーダー。甘味のないパンケーキを初めて食べた時は衝撃でしたが、意外とハマるんです。

最後にワイキキビーチのデューク・カハナモク像にお世話になりましたとお礼を告げて、空港に向かいます。

途中、ドンキホーテに立ち寄って、ベーカリーコーナーへ。ノースショアに Ted’s Bakery というお店があるのですが、そこのお店のパイがドンキホーテでも買えるので、機内用に買って帰ります。リリコイチーズパイ、マカダミアナッツクリームパイ、ブルーベリークリームパイなど、フレーバーもたくさん。チョコレートハウピアクリームパイをゲット。店内で保冷バッグも購入。これで安心です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ted’s Bakery(@tedsbakeryhi)がシェアした投稿

<帰国>物欲・食欲・日光浴!

Hawaiian air

空港には窓がない場所がたくさんあるので、ここで青空を眺めながら、最後にたくさんハワイの空気を吸い込んで、再びハワイアン航空に搭乗します。

2日間だったけれども、心も体もたくさんチャージされた気がします!かなり食べましたが、せっかくですからね!機内でハウピアパイを食べながら、次はいつ来ようかな、どのビーチに行こうかな、なんてすでに考えたりして、日焼けの跡が残っているうちにまたハワイの陽差しを浴びたいと願うのでした。

Mahalo ハワイ~!

関連する記事

ハワイ留学カウンセラー募集中

Recommend - おススメ記事