野生のイルカに出会える ハワイ島・ホオケナビーチ

  •  Posted By Yuki
  •  2018年11月11日

野生のイルカに出会える ハワイ島・ホオケナビーチ

ハワイ島のローカルビーチ、「ホオケナビーチパーク」で、念願の野生のイルカに会って来ました!

ビーチから少し沖へいくと たくさんのイルカが

スピナードルフィン

ハワイ島で見られるイルカは、「ハワイアン・スピナー・ドルフィン」と呼ばれる種類だそうです

相手は野生のイルカですから、もちろん会える日もあれば、会えない日もあります。朝、ビーチに行ってイルカの背びれが見えたらラッキー! シュノーケルをつけて海へ入ります。水の中で聞こえるのは、イルカ達「話し声」。ぐるぐると体を回転させながら、「おしゃべり」をしているのです。まるで私に「遊ぼう、遊ぼう」と言ってくれているみたい……そんな姿を眺めながら泳ぐのは、とても幸せな時間でした。

イルカと泳げるツアーの多くは船に乗って沖に出るものなので、船酔いする私には難易度が高く、あきらめていました。でも、ホオケナビーチならば大丈夫。念願のイルカに会えて、心が洗われました。

イルカと会うときのルール 「潜らず、追いかけず、浮いて待つ」

ホオケナビーチは、ハワイ島を訪れた際にはぜひ行ってほしい、私のイチオシスポットです。

ただし、ホオケナビーチで野生のイルカと会うときは、「潜らず、追いかけず、浮いて待つ」のルールを忘れずに。イルカを追いかけたり、ましてや触ったりするようなことは、絶対にしないでください。

ハワイアン・スピナー・ドルフィンは、夜、海に潜って小魚やおきあみなどのえさを食べます。朝、浅瀬に集まってくるのは、天敵に襲われない場所でリラックスし、休息を取るため。アメリカ海洋大気庁(NOAA)が定めた”Marine Life Viewing Guidelines(海洋生物を観察する際のガイドライン)”には、野生のイルカにエサをやることは違法かつイルカにとって有害なこと、さらにイルカを船上から観察する際は最低50ヤード(約46メートル)の距離をあけなければならないことなどが挙げられています。野生のイルカとの出会いという素晴らしい体験をするためには、安全に、責任を持ってイルカと接することが大切です。

ホオケナビーチへはコナから車で約1時間

ホオケナビーチへはカイルア・コナから車で約1時間。11号線を南に進み、” Hookena Beach Rd ”に入って約10分ほどです。

 

ハワイ島アクティビティー に関連する記事

Recommend - おススメ記事