ハワイ留学中のお金管理法 どうする?

  •  Posted By Mako
  •  

ハワイ留学中のお金管理法 どうする?

ハワイ留学中、現地で使うお金を管理する方法は、主に4 つあります。

  • 現金
  • クレジットカード
  • トラベルプリペイドカード
  • 現地の銀行

これらの4つの方法は、いくつかを組み合わせるのが安心です。短期留学であれば小額の現金を持参した上でクレジットカードを併用、長期留学の場合は更に現地で銀行口座を開くパターンが一般的でしょう。入国時に持って行く現金は、通常5 万~10 万円ほどあれば十分ですが、もっと多くの現金を使用したい場合は、トラベルプリペイドカードがおすすめです。

1枚あると断然便利! クレジットカード

持っているとお金の管理が断然しやすくなるのが、クレジットカード。ハワイ(アメリカ)ではクレジットカードが広く普及しており、コンビニやスーパーマーケットでの小額の支払いにもクレジットカードを使う人を多くみかけます。ホテルやコンドミニアムのチェックイン時にも、保証金(デポジット)を現金で支払う代わりに、クレジットカードを提示するのが一般的です。

クレジットカードのブランドは、VISA、Master、AMEX、Diners Club といった国際ブランドがおすすめです。また JCB カードは、トロリーの乗車賃が無料になるキャンペーンを実施するなど、ハワイ渡航者に大人気。ワイキキにある JCB 会員専用のラウンジでは、レンタル傘サービス、荷物の当日中一時預かりサービスも利用できます。

クレジットカードの難点は、お店によっては使えるブランドが限られていること。2枚以上カードを持っている場合は、異なるブランドのカードを持って行くといいでしょう。また、支払い時のサインの代りに暗証番号を打ち込むお店もあるので、出発前には必ず暗証番号をチェック。留学に際し初めてクレジットカードを作る方は、時間に余裕を持って、出発の1 ヵ月前までには申し込みをして下さい。

 

審査不要で発行可 クレジットカードのように使えるプリペイドカード

トラベルプリペイドカードは、海外で使用可能なプリペイド式のマネーカード。日本円で預けたお金をATM から現地通貨で引き出せるだけでなく、クレジットカードやデビットカードと同じように買い物もできます。事前にチャージした金額のみを利用するので、うっかり使いすぎる心配がなく、チャージした金額を全て使ってしまった場合はインターネットバンキングでの入金や、あらかじめ登録した日本の家族や代理人による追加入金も可能。クレジットカードのような審査が必要ないので申し込みから約1週間で発行でき、未成年でもOK ! というのもうれしいメリットです。おなじみVISA カードブランドの「Money T Global」や、盗難や紛失など万が一の事態に使える「スペアカード」が発行される「キャッシュパスポート」などが有名です。

 

Recommend - おススメ記事